スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙を感じるひととき

オレはね、湯船に浸かりたい人なんですよw
よほどのことは無い限り、真夏でも湯船に浸かります。

一時期睡眠薬が無いと寝られない不安定な時期がありまして、
リラックスするために「暗闇風呂」が良いとネットの情報から、
照明を点けずに入浴してみると、これがなかなか良いんですよ。
ぬるめのお湯に浸かりながら目を閉じてのんびりとしていると、
何とも言えない浮遊感があって、非常にリラックスできます。
まぁ暗闇と言いましても、完全な闇にはならないのでぼんやりと
見えてる状態ですけどね。

さて、話は変わりまして、
5月のはじめに海外で暮らす友人から「6月に一時帰国するので
そのとき一緒に行きましょう!完全な暗闇で1時間過ごすんです!」
とよく分からないLINEが来た。
なんのこっちゃ?と思いながら迎えた昨日のこと、行ってきました
Dialog In The Dark
ファイル_001

実は以前不安定な時期に、友人宅で音楽を聴いていたとき
もっとリラックスできるかもしれないと思った友人が照明を消したんですよ。
その瞬間、何も見えなくなり失明した?!と勘違いして一瞬パニックになった
経験があったもんだから一抹の不安を抱きながら当日を迎えたわけです。


リンク先を参照してもらえると、Dialog In The Darkの概要は分かるかと思いますが、
オレはなんの下調べもせず予備知識なしで行ってきました。

DID.jpg

お洒落な玄関から階段で地下に向かうと、そこが入り口。
一つのパーティは8人で構成されます。我々は4人で参加したので、同じパーティとなる
他の4名とロビーで初めて顔を合わせます。
暗闇を案内してくれるガイドさんを含めて、9名で暗闇の世界へ向かいます。
若干薄暗い前室に案内され、そこで注意事項の説明を受けます。
暗闇の世界では耳から入ってくる情報が重要になりますので、文字通りの
「dialog=会話」が非常に大切なツールとなること、その為に各自の簡単な
自己紹介と声を掛け合うためのニックネームを確認。
そして自分の体格に合った「白杖」という視覚障害者の方が使う白い杖を各自選びます。
そして、いよいよ暗闇の世界へ向かいます。

「この先は公園になっています、何があるか確認しながら進んでください!」
と言うガイドさんの指示でおそるおそる一歩踏み出します。
白杖は偉大です、地面の凹凸、おおよその材質を感じることが出来ます。
「気をつけてー、段差があるよー」「右になんか葉っぱがあるよー」とか
声を出しながら奥へ進みます。ある程度進んだところで立ち止まり、自分の
周りを確認してみると、何か柱のような物を確認しました。
下からずーっと手でなぞっていくと、柱が三角形に組まれていて、何か遊具のようです。
さらに手で形を確認、ん?なんだろ?.....あ!ブランコだ!
「みんなー!ここにブランコあるよー」
とりあえず自分で座ってゆらゆらしてみると.....
うわっ!なんだこれ!
宇宙空間に放り出されたような何とも形容しがたい浮遊感。
人によっては恐怖を感じるかもしれないほどの浮遊感です。
「うわーーー!やべーーー!これ!」wwwww
乗ったみんなも大騒ぎですwww

いくつかのアトラクションを経験しながら進んでいくのですが、
芝生の部屋にたどり着いた。
「どうぞ、寝転がって自分の内面に向き合ってみてください!」
とガイドさん。

靴を脱ぎ、周りを手探りで確認しながら寝転がる。
寝転がって上を向いた瞬間、見えるはずも無い一面の星空が広がる....
うわー、グランドキャニオンの星空みたい。
そしてまたも浮遊感。
暗闇で音が無くなった瞬間、どうなると思いますか?
恐ろしいほどの孤独感に襲われます。
実際には数十センチの距離に9人の人間がいるのですが、
何も言葉を発しなければ暗闇でその存在はかき消されてしまいます。

そんな体験をしながら、最後は「暗闇カフェ」でお茶の時間w
暗闇でのおしぼりの気持ちよさは格別w
コーヒーも普段以上に香りを強く感じます。
しかし、お菓子はなんだか味気なく感じます。

そして、現実の世界へ戻ります。

暗闇を共に過ごした人たちとは、何とも言えないシンパシーを感じます。
自分は現実世界で数日間共に旅したぐらいの親近感を感じましたが、
現実の戻されてよそよそしくなってしまう人もいるようです。
暗闇を共に過ごす人たち、ガイドそれぞれが違うことによって、
感じることもまた全然違ってくるのがこのDialog In The Darkの
面白いところでもあるようです。

これ、面白いですよ、ホントに。
興味ある方は是非体験することをオススメします。
8人で申し込めば貸し切りパーティを組むことも出来るそうです。
いつもは使っていない脳みそと感覚を楽しんでください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

組長

Author:組長
RockとMetalなBar
Trust Saloonのマスター
19:00〜26:00ごろまで
水曜定休・不定休
品川区東大井5-6-10 2F

最新Tweet
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Amazon商品一覧【新着順】
楽天
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。