スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂ってる??




は????
CD買うときにJASRACに金払って、
なおかつ店のBGMに使用料払って、
それでPCに取り込んだ音源使っちゃダメって??
頭おかしいの?バカなの?
スポンサーサイト

デスメタルなんDEATH

すいませんねー...ネタはあるんですが、
ここのところ色々なことに追われてまして、
更新が滞り気味です。

今回の日記には、気分を害する恐れのある画像がありますので、
閲覧注意でお願いします!


さてさて、オレがメタル好きってのは
周知の事実だと思いますが、
メタル系の中でも「デスメタル」だけはどーも
好きになれなかったんですよ。
超音波系高音ヴォーカリストが好きってのもあり、
低音の咆吼系ヴォーカルってのはどーもね。
それに、音作りがチープというか、独特の
スケーター系と同様のリズムサウンドも
取っつきにくくしている要因なんだわな。

そんなデスメタル系の中で、唯一持っていたのが
なぜかこれこそ正真正銘の「デスメタル」
Cannibal Corpseのアルバム。

Cannibal Corpseとの出会いは、今をさかのぼること
二十年ほど前。彼らがデビューして間もなくの頃だった。
もうね、ジャケット見せられたときから忘れようにも
忘れられないインパクトで、脳裏に焼き付きました。


Tomb of the MutilatedTomb of the Mutilated
(2002/11/26)
Cannibal Corpse

商品詳細を見る


これだもの(笑)
もうね、人間の声とは思えない咆吼!
思いの外うまいバック、複雑なリズム展開に
時折見せるドラマチックな展開。
このアルバムは、Death Metalの基本を作り上げたと
言っても過言ではない名作。

当時は「うぇ〜〜〜〜。。。」と思っていたんだが、
最近「「おっ!なかなかかっけーじゃん!」とか
思い始めてる自分がいるんDEATH。(笑)

詳しいバイオなんかはwikiを参照して頂くとして、

気が付けばデスメタルのスタイルは、この
Cannibal Corpseが築いてきたようなもの。
世界中のデスメタルバンドに影響を与えているそうだ。
現在はGeorge 'Corpsegrinder' Fisherというヴォーカリスト
なんだが、初代ヴォーカリストのChris Barnesのデス声は
ホント人間離れしたサウンドで驚く。

と言うわけで、今月は、Cannibal Corpse大量入荷です!ww
刺激的な画像が多いので、折り返します。

続きを読む

プロフィール

組長

Author:組長
RockとMetalなBar
Trust Saloonのマスター
19:00〜26:00ごろまで
水曜定休・不定休
品川区東大井5-6-10 2F

最新Tweet
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Amazon商品一覧【新着順】
楽天
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。