スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GO AHEAD!

8年前のこと。
業界の先行き不安、実家の立て替え、
仲間の後押し、そして先輩から異業種への誘い
その他諸々の状況が独立・開業へと向かわせてくれた。

店頭


そしてTrust Saloonオープンから5年を迎える今年、
新たな波が押し寄せてきた。

知ってる人も多いとは思うが、オレは人と違ったことが
やりたくて仕方が無い性格ww
過去2回、おぼろげな夢をブログに書いたこともあった。
2012年

2009年

続きを読む

スポンサーサイト

隣国を知る

あまりここで政治的なことは書かないように
しているんだが、かなり興味深い動画を見つけた。

大学で専門的に学ばない限り、中学・高校の
歴史の授業では、近代史について深く掘り下げる
機会はまず無い。

アメリカにハルノートを突きつけられ
太平洋戦争に向かって行かざるをえなかった日本。

同盟国というか、当時は同じ国民として戦争に参加した
韓国が、戦後なぜ日本を敵対視するのか。

日ソ不可侵条約を結んでいたソ連が、なぜ北方領土を
支配するに至ったのか。

この辺のことは知ろうとしなければ
決して知ることはないでしょう。

この動画を見て何かがおかしいと気が付いて、
少しでも近代史を学んでくれればと思う。


経済を回さなきゃ話にならない

しかしだな、震災以降の東京の様子と来たら.....

米、パン、納豆、カップ麺、レトルト食品、
生理用品、水、ろうそく、懐中電灯、電池、
カセットコンロ、トイレットペーパー、牛乳...

もうね、あきれて物も言えない。
買いだめする必要がどこにある?
っつーか、もう買いだめする必要もないだろ?

米とパンはいくらか買えるようになってきたところで、
これまた水騒動(笑)

支援物資募集では、「家にあったカップ麺全部持ってきました!」
なんて男気(?)のある男子もいたんだよ。
一人暮らしだから自分でも食べるだろうに、
彼は寄付してくれたんだよ。

みんな自分の分も買えないのに、支援物資のために
水を買ってきてくれたよ。

まぁ、購読者の少ないここで吼えても無駄だとは思うが(笑)
言わせておくれ!

家も壊れてなきゃ、断水もしてないしガスも止まってない。
東京は沿岸部の一部を除いて被害なんて微々たる物。
放射能だって飛んで来やしないし、その日に食べるものだって
いくらでもあるし、店だってやってる。
何が怖くて買いだめしてる?
消費しきれるのか?

とにかくよく考えろよ。みんな。
何をしたらいいのか?何をするべきか?

ACの広告がうざい?どんだけTV見てるんだ?
みんなおんなじ事しか放送してなかったんだから
必要なときだけ見ればいいじゃんか。

自粛?ふんっ、鼻で笑うよ。
自粛自粛、あっちもこっちも自粛...

何もかも自粛という名目でがまんして、中止して、
消費が停滞すればするほど復興だって遅れる。

現に渋谷や銀座の夜は悲惨な状態で、すでに閉店や
廃業する店が出てきてる。

ウチなんて元々たいした商売をしてないけども、
ここまでヒマだと考えなきゃいけなくなる。
ありがたいことに地元の人が来てくれるからなんとか
なっているが、こんな時ほど繁華街の店は厳しい。

経済を停滞させてはいけない。
これは本当に日本の危機になる可能性がある問題だ。

被害を受けていない人たちは一日も早く日常をとり戻して、
普段の生活に戻らないと大変なことになる。
そんな予感がひしひしと感じられる。

日本が元気になるためにも、被災地を一日でも早く復興させるためにも
東京が元気にならなきゃ話にならないだろ。

寄付するのもいいが、普段通りの生活をして
お金を使うのも非常に大切なことなんだと知って欲しい。

がんばれ!東北!
がんばれ!日本!
もっとがんばろうぜ!東京!

がっかり

店を始めてから間もなく3年になる。

小さい店だし、大人を相手にしている店だし、
繁華街でわさわさ人が来る店でもない。

そんなわけで、基本的にお客さんを信用して
営業している。

人の言うことをあまり疑う事無く過ごしてきたので、
痛い目にあったこともあった。
今ではそんなこともなくなったが、やっぱり
自分の店に来てくれたお客さんは信用したい。

でもやっぱり裏切られると言うか、残念なことが
たまにあるんだよな。

ある日掃除をしていたら、テーブルの裏に張り付いた
ガムを発見。

これはへこんだなー。思い出してもへこむ(笑)

店の外を掃除をしていたら、入り口の階段に
張り付いたガムを発見。

これもへこんだ。

店のトイレにスピーカーを設置。
スピーカーむき出しでいたずらされないかな?と
ちょっと脳裏に不安はよぎったよ。確かに。
でも、いたずら好きな中高生が来るわけもないし
そんなバカはいないだろうと思ってた。

でもやられてしまいました。
ウーファーの傷

ざっくり爪の痕。
あー....がっかり。
へこんだし怒りも湧いてきた。
この痕のついた部分はスピーカーの命。
エッジ部分で無かったのが唯一の救い。
エッジをやられたらまともに鳴らなくなるからな。

残念だけど保護することにした。
ウーファーメッシュ

ステンレスの網を張りました。

転機

先日お客さんの一人、ニューヨーカーのビルが帰国した。
日本語の勉強のため来日してから約一年、今度は
アメリカのロースクールに入学するため帰国した。

来日早々にウチに来店し、英語の出来るお客さんを紹介、
意気投合した二人はなんだかんだとよく遊んでいた。

日本人の友人を得た事で彼の生活は一変した事だと思う。
大井町のB級グルメを堪能し、外人社会では得ることの
出来なかった生の日本の生活を知ることが出来たと思う。

ビルも言ってた。
「ココーニキタカラー、ホントニーニホンノーセイカツガー
タノシクーナッター」
「クミチョサンノーオカゲーデー、ホント、タノシカター」
よかったよかった。
どうせなら良い想い出を持って帰国してもらいたいからね。
ビルのおかげでいろんな国の人と交流できたし、
知らない言葉もたくさん教えてもらったからね。

帰国前日、食べ納めとアボカドベーコンチーズバーガー
パテダブルを「ホントニオイシィ」と...
ビル曰く、彼の中のNo.1ハンバーガーは、ニューヨークの
有名ステーキハウスPeter Luger'sの裏メニューの
ハンバーガー、ウチのハンバーガーはその次にウマいから、
世界で2番目に美味しいんだと(笑)

今回ビルの帰国に当たり、一つのお願いをした。
それは二十数年前に永住するためニューヨークに渡った
友人を捜してもらう事。

オレがアメリカに興味を持ち、何となくではあるが
英語を話すようになったのはすべてその友人のおかげなのだ。

続きを読む

プロフィール

組長

Author:組長
RockとMetalなBar
Trust Saloonのマスター
19:00〜26:00ごろまで
水曜定休・不定休
品川区東大井5-6-10 2F

最新Tweet
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
Amazon商品一覧【新着順】
楽天
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。